【バンコク時事】アジアと欧州の53カ国・機関で構成するアジア欧州会議(ASEM)の首脳会議が25日、オンラインで始まった。多国間主義の強化が主要テーマで、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で低迷する経済の立て直しに向け、アジアと欧州の連携強化策を2日間にわたって探る。クーデターで権力を握った国軍による市民弾圧が続くミャンマー情勢など、地域問題でも活発に意見が交わされそうだ。 (C)時事通信社