松野博一官房長官は26日の記者会見で、南アフリカなどで広がる新型コロナウイルスの新たな変異株について「最新の科学的知見や世界保健機関(WHO)、諸外国の動向など情報を収集している」と述べた。その上で、対象国・地域からの入国制限などに関し「迅速かつ適切に対応していく」と語った。
 松野氏は「感染性や重篤度、ワクチン効果に与える影響などを合わせて評価していくことが重要で、緊張感を持って対応している」と強調。国内での感染例に関しては「確認されていない」と説明した。 (C)時事通信社