英保健省は25日、アフリカ南部で広がっている新型コロナウイルスの新たな変異株に科学者の間で「強い懸念」が示されていると警告した。新変異株は南アフリカやボツワナで確認。デルタ株より感染力が強く、ワクチンの有効性が弱まる恐れがあるという。感染は香港やイスラエル、ベルギーにも広がっている。
 AFP通信によると、南アの保健当局も25日、新変異株が発見されたと発表。ファーラ保健相は「重大な脅威だ」と表明した。
 新変異株は「B.1.1.529」。ワクチン開発の基になってきた従来のウイルスとは大幅に異なるスパイクたんぱく質を持ち「デルタ株の2倍」(ジャビド英保健相)程度の変異を起こしている可能性があるとされる。
 英紙ガーディアンによれば、新たな変異株はボツワナで今月11日に最初に見つかり、14日に南アでも見つかった。ロイター通信によると、26日現在、各地で約100件の感染例が確認されている。 (C)時事通信社