デジタル庁と厚生労働省は26日、新型コロナウイルス感染者との接触を通知するスマートフォン用アプリ「COCOA(ココア)」で発生していた不具合への対応で、iPhone(アイフォーン)向けに修正版の配信を始めたと発表した。アンドロイド向けでも修正作業を終え、アプリストア側の手続きが済み次第配信する。
 デジタル庁によると、25日に更新版を配信したところ、適用した端末の一部でココアを起動しようとしてもすぐに強制終了してしまう不具合が発生した。 (C)時事通信社