牧島かれんデジタル相は26日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種履歴について、本人同意がなくても、自治体間で接種記録システム(VRS)による照会を認める方針を明らかにした。12月に始まる3回目接種の円滑な実施が狙い。同中旬から利用可能にする。
 これまでは、本人同意なしに自治体間で接種歴を照会できず、転居などに伴い接種券が届かないなどの問題があった。
 今回の運用変更は、「生命、身体または財産の保護」のため、同意なしに個人情報を利用できるとした、マイナンバー法の規定が根拠という。 (C)時事通信社