【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)は26日、ミシェルEU大統領が訪日し、29日に岸田文雄首相と会談すると発表した。しかし、ミシェル氏の報道官がその直後、周辺職員1人が新型コロナウイルス検査で陽性になったとして、「訪問は延期しなければならない」とツイッターで表明。日程は先送りされることになった。
 同時に発表した12月1日の韓国での文在寅大統領との会談予定も延期する。報道官は、新型コロナの感染拡大も理由に挙げた。
 ミシェル氏が訪日すれば、2019年12月の大統領就任後初となる。EU側は岸田氏との会談で、気候変動対策などでの日本との連携確認に加え、対中国を念頭にEUが新たにまとめたインド太平洋戦略での協力を議論したい意向で、台湾問題も取り上げられる見通しだった。 (C)時事通信社