【ニューヨーク時事】米製薬大手メルクは26日、開発中の新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」の後期臨床試験(治験)の最新分析結果で、重症化による入院や死亡のリスクが30%減にとどまったと明らかにした。10月には、リスクが約50%減少したと発表していたが、この時よりも効果が弱まる分析が示された。
 10月の発表時は775人のコロナ患者を対象に暫定分析結果を公表したが、今回は1400人超に対象を拡大した。 (C)時事通信社