【ニューヨーク時事】感謝祭の祝日による休場明けとなった26日のニューヨーク株式相場は、南アフリカなどで見つかった新型コロナウイルスの変異株に対する懸念から世界的に株安が連鎖する中、急落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前営業日終値比905.04ドル安の3万4899.34ドルと、今年最大の下げ幅で終了。一時1000ドルを超える下げとなった。
 ハイテク株中心のナスダック総合指数も353.57ポイント安の1万5491.66で引けた。 (C)時事通信社