鈴木俊一財務相は27日、新潟県糸魚川市で地元企業の代表らと車座で意見交換を行った。5年前に起きた大規模火災で全焼した酒蔵の代表は「新たな酒蔵でこれからというところにコロナ禍、さらに原油高で輸送費がかさむ」と窮状を訴えた。ガソリン価格の高騰が景気回復の足を引っ張りかねないとの懸念が広がっており、鈴木氏は「政府としても関心を持って取り組んでいる。現場が大変心配していることがよく分かった」と語った。 (C)時事通信社