【ビジネスワイヤ】スイスのハーブ・ファーマは、同社の鼻咽頭天然成分スプレー液「ViroStop」が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防効果を持つことを示す臨床試験の結果を発表した。試験は、ハンガリーのブダペストにあるコンプレックス・メディカル・センターのグループが、新型コロナPCR検査結果が陽性の軽症患者と濃厚接触したボランティア189人を対象に実施。PCR検査で陽性と判定された後に同スプレーを使用した参加者は試験後に全員が陰性となったが、同スプレーを使用しなかった参加者は約8%が陽性だった。またViroStop群は対照群より抗ウイルス免疫反応が改善されていた。既に体外試験でもウイルス排出量の低減などの結果が得られていた。(C)時事通信社