29日午前の東京株式市場は、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大で経済活動が再び停滞することへの警戒感から、神経質な値動きとなった。日経平均株価は前週末比400円超値下がりして始まった後、下げ幅を縮小。一時はプラス圏に切り返した。午前の終値は5円13銭安の2万8746円49銭。
 日経平均は前週末にオミクロン株への懸念で700円超下落、29日も売りが先行した。ただ、米株価指数先物の上昇が好感されたほか、「変異株は毒性が弱いとの情報が伝わり、短期筋の買いが入った」(運用会社)といい、航空株などが急速に値を戻した。 (C)時事通信社