南アフリカなどで確認された新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」について、世界保健機関(WHO)は28日、最新の調査結果を発表した。デルタ株など他の変異株より感染が広がりやすいかは「まだ不明」としつつ、「暫定的な証拠は、コロナに感染したことのある人が再び感染するリスクはより高いことを示唆している」と明らかにした。ワクチンの効果などへの影響は専門家と調査中という。
 重症化を起こしやすいかも「まだ不明」とした。判断には数日から数週間かかるが、初期の研究報告では「若い人は症状が軽い傾向がある」と若年層が重症化しにくい可能性を指摘。南アの入院率が上昇傾向にあるが、「感染者全体の数が増えていることが理由の可能性もある」と評価を控えた。PCR検査は「オミクロン株の感染も検出している」と、精度への影響は現時点で見られないと明らかにした。
 個人が取れる最も効果的な対策は他者との距離の確保だと強調。マスクの着用や換気の実施、人混みを避けるなどの基本的な取り組みとワクチン接種を呼び掛けた。最も警戒レベルが高い「懸念される変異株(VOC)」に指定しており、各国に監視の強化などを改めて要請。世界的なワクチン供給の不平等を解消することが急務だとも訴えた。 (C)時事通信社