後藤茂之厚生労働相は29日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」拡大のため入国制限を強化しているナミビアに滞在歴のある30代男性が、空港検疫で新型コロナ陽性と判明したと明らかにした。オミクロン株かどうかは不明で、国立感染症研究所が全遺伝情報(ゲノム)解析を進める。
 南アフリカなどで確認されたオミクロン株は、欧州を中心に感染報告が相次いでいる。国内では未確認だが、感染研は28日、3段階で最も警戒度が高い「懸念される変異株」に指定した。
 厚労省によると、男性は経由地を経て、28日夕方に成田空港へ入国。検疫でコロナ感染が判明した。発熱の症状はあるが重篤ではないといい、空港近くの隔離施設で療養している。男性の家族2人は陰性だった。同省は男性の国籍を明らかにしていない。 (C)時事通信社