東京都の小池百合子知事は29日、首相官邸に岸田文雄首相を訪ね、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の世界的な拡大を受け、水際対策の強化を要望した。小池氏は会談で、「昨年末も寒い時期、(感染者数が)非常に増えた。それを繰り返すことのないようお願いしたい」と訴えた。
 これに対し首相は、外国人の入国禁止を全世界に拡大する方針を説明し、「オミクロン株の実態は十分に把握されていない。最悪の事態を想定しながら、しっかり進めていきたい」と応じた。 (C)時事通信社