厚生労働省の有識者検討会は29日、オンライン診療を初診から認めるとした指針の改定案を大筋で了承した。新型コロナウイルスの感染拡大により特例で認められたオンライン診療は、恒久的に利用できるようになる。
 指針案では、オンラインの初診は原則かかりつけ医が行うとしたが、別の医師が患者の紹介状や健康診断結果などの医療情報を把握し、診察できると判断した場合も可能とした。患者の情報がない場合は、診療と別に事前相談が必要となる。
 深刻な病気につながる強い腹痛や胸痛、吐血などの症状は「オンライン診療の初診に適さない」と定め、対面診療とする。オンラインの初診で向精神薬などは処方しない。診療報酬については今後、議論が進められる。 (C)時事通信社