【ニューヨーク時事】グテレス国連事務総長は29日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」をめぐる各国の渡航制限について声明を出し、「アフリカ南部諸国の孤立を深く懸念する」と表明した。「極めて重要な科学、保健に関する情報を特定し、世界と共有することで、罰せられるべきではない」と強調。新変異株の出現について迅速に行動し、情報を公開した南アフリカ政府の対応を称賛した。 (C)時事通信社