【ワシントン時事】バイデン米大統領は29日、ホワイトハウスで記者会見し、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の世界的な感染拡大について「懸念要因ではあるが、パニックの要因ではない」と語り、国民に平静を呼び掛けた。ワクチン接種や接種完了者が追加で受ける「ブースター」が「最大の防御」だと強調。マスク着用を含め、これまで通りの対策を国民に訴えた。
 また、現時点でのロックダウン(都市封鎖)の必要はないと指摘した。「混乱や困惑ではなく、科学的行動でこの変異株と闘う」と述べた。 (C)時事通信社