【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)は29日、30日に開かれる上院銀行委員会でのパウエル議長の冒頭発言を公開した。この中で議長は、インフレ高進が定着しないように政策手段を講じる意向を明らかにした。また、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、「雇用と経済に下振れリスクをもたらす」と述べ、警戒感をあらわにした。
 パウエル議長は、新型コロナ危機からの経済再開に伴う供給網混乱を背景とするインフレ上振れが「来年も相当続く」と予想。物価安定目標に傾注するとともに「経済の下支えとインフレ高進を根付かせないために政策手段を用いる」と強調した。 (C)時事通信社