厚生労働省が30日発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.01ポイント低下の1.15倍で、2カ月ぶりに悪化した。新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が9月末の期限で全面解除されたため、求職活動を再開する人が増え、求人数の伸びを上回った。厚労省は雇用情勢について「求職者が引き続き高水準にあり、厳しさが見られる」と分析している。
 有効求人倍率は、求職者1人に対し何件の求人があるかを示す。10月の有効求職者数は0.6%増の195万人で、0.5%増だった有効求人数(227万人)の伸びを上回った。景気の先行指標とされる新規求人数は0.4%増と3カ月連続で増えた。 (C)時事通信社