塩野義製薬は30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対応したワクチンを開発する検討に入ったと明らかにした。オミクロン株がまん延し、開発中のコロナワクチンの有効性が下がる場合に備える。
 塩野義はワクチンの有効成分である抗原たんぱく質を遺伝子組み換え技術で作るコロナワクチンを開発している。オミクロン株についても、遺伝子情報を基にした抗原たんぱく質の製造を検討している。 (C)時事通信社