鈴木俊一財務相は30日、イエレン米財務長官とテレビ会議形式で初の会談を行った。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大を踏まえ、途上国を含めたワクチンの早期普及などでの連携を確認。財務相は会談後、記者団に対し「将来のパンデミックへの備えを強化するために日米間の協働は決定的に重要だ」と述べた。 (C)時事通信社