岸田文雄首相(自民党総裁)は30日の党役員会で、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の発生を受け、「われわれはまだ危機のさなかにある」との認識を示した。全世界からの外国人の入国を原則停止したと報告した上で、「(感染力などの)情報がある程度明らかになるまでの念のための臨時・異例の措置だ。国民に理解いただけるよう丁寧な説明を行っていきたい」と語った。
 首相は「具体的な行動によって国民の安心を取り戻したい」と強調。医療提供体制の強化、3回目のワクチン接種、無料検査の充実、飲み薬の普及などを着々と進める考えを示した。党に対しても「気を引き締めて、新型コロナ対策に当たってほしい」と要請した。 (C)時事通信社