新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の世界的な拡大を受けて、国内の製薬各社は現在開発中のワクチンが有効かどうか確認するなど、対応を急いでいる。同株については不明な点が多いが、「これからも変異株は出てくるので、随時対応できるようにする必要がある」(第一三共広報グループ)と話す。
 国内では塩野義製薬が来年3月まで、第一三共と明治ホールディングス傘下のKMバイオロジクス(熊本市)が来年中のワクチン供給開始を目指し、臨床試験(治験)を進めている。いずれもオミクロン株に対する効果を検証する方針で、現時点で開発スケジュールに影響はないという。
 塩野義はさらに、オミクロン株のまん延で開発中のワクチンの有効性が低下した場合に備え、同株を標的としたワクチン開発も検討する。「今のワクチン開発に力を尽くした上で、新たな脅威にも対処していく」(広報部)構えだ。 (C)時事通信社