経済同友会の桜田謙悟代表幹事は30日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の発生を受け、政府が全世界からの外国人の入国を原則停止したことについて、「緊急避難的な措置としては致し方ない」と理解を示した。
 また「待ちに待った開国というところにオミクロン株に襲われて大変残念だが、早めに初期対応をしていくことは大切だ」と強調した。
 桜田氏はこのほか「3回目のワクチン接種をどれくらい早められるか、いま一度踏み込んで検討してもらうことが、せっかく獲得した集団免疫力の維持、強化に重要だ」と指摘し、政府に早急な検討を求めた。 (C)時事通信社