【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は30日の記者会見で、来年2月開幕の北京冬季五輪に新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が与える影響に関し、「確かにいくらかの挑戦をもたらすと思う。しかし中国はコロナ対応の経験があり、冬季五輪は予定通り順調かつ成功裏に行われると確信している」と強調した。 (C)時事通信社