【ニューヨーク時事】独バイオ医薬品企業ビオンテックのシャヒン最高経営責任者(CEO)は30日、同社が米ファイザーと共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、新たな変異株「オミクロン株」に対しても重症化を防ぐ効果がある可能性が高いとの見方を示した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルなどが報じた。
 シャヒン氏は、変異が進んだオミクロン株は、デルタ株よりもワクチン接種によって獲得した抗体を回避しやすいようだと指摘。ただ、感染した場合もワクチンが重症化や死亡を防ぐ十分な効果を発揮しうるとも強調した。
 シャヒン氏は「落ち着いてほしい。3回目接種を加速させるという計画は、依然変わらない」と述べた。 (C)時事通信社