厚生労働省は1日、ペルーから入国し、空港検疫で新型コロナウイルス陽性が判明した20代男性から、変異株「オミクロン株」が検出されたと発表した。国内で確認されたのは2例目。男性は入国後隔離され、現在は医療機関に入院している。
 厚労省によると、ペルー国内でオミクロン株が確認されたとの情報はないという。同省は男性の国籍を明らかにしていない。
 男性はペルーから、カタールの首都ドーハでの乗り継ぎを経て11月27日に入国。成田空港の検疫で陽性と判明したため国立感染症研究所が全遺伝情報(ゲノム)解析をしたところ、オミクロン株が検出された。
 成田到着時は無症状だったが、宿泊施設での療養中に発熱と咽頭痛の症状が出たという。10月までに米ファイザー製ワクチンを2回接種していた。同行者はいなかった。
 ドーハから男性と乗り合わせた乗客114人はいずれもコロナ陰性で、症状が出たとの報告もないという。厚労省は当面、オミクロン株の感染者と同じ飛行機に乗った人は濃厚接触者と見なすこととしており、114人も自宅や宿泊施設で14日間待機しながら健康管理を受けている。
 オミクロン株は11月30日、アフリカ南部ナミビアから入国した同国の男性外交官から、国内で初めて検出された。 (C)時事通信社