11月の国内新車販売台数は前年同月比14.4%減の35万2455台で、5カ月連続のマイナスとなった。世界的な半導体不足や、東南アジアでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴う部品調達難が続き、工場の稼働停止や生産調整が行われたため。
 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が1日発表した。
 下落率が30%を超えた9月、10月と比べて、「改善傾向にはあるが、予断を許さない状況」(全軽自協)という。最大手のトヨタ自動車は、18.5%減の11万6334台だった。 (C)時事通信社