サッカー女子のWEリーグは1日、第11節(4日)の全5試合を延期すると発表した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への政府対応に基づき、オランダ遠征から帰国した日本女子代表(なでしこジャパン)の選手は14日間の待機措置が求められ、出場できないため。
 代表選手が所属する日テレ・東京Vや三菱重工浦和で最大5人が欠場することになり、公平性の観点から延期した。なでしこは空港で行われた新型コロナの検査で全員の陰性が確認されたが、今後は検疫所が指定する宿泊施設で隔離された後、自宅などで待機する。 (C)時事通信社