国土交通省は1日までに、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大を防ぐため、日本への到着便を運航する国内外すべての航空会社に対し、到着便の搭乗予約の新規受け付けを停止するよう要請した。当面12月末まで1カ月間の措置。日本航空と全日本空輸は要請を受け、1日から新規予約の受け付けを停止した。
 今回の措置により、予約を取っていなかった海外在住の日本人が年末年始に帰国できなくなる事態も想定される。 (C)時事通信社