来夏に神戸市で開催予定の世界パラ陸上選手権の組織委員会は1日、同市内で総会を開き、主催者の国際パラリンピック委員会(IPC)に延期を申し入れる方針を決めた。2024年春の開催を提案する。新型コロナウイルスの感染収束が国内外で依然見通せないことが主な理由。
 当初は21年の開催を予定していたが、東京五輪・パラリンピックの1年延期を受けて、22年へ延期した経緯がある。 (C)時事通信社