新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」は1日、年末年始に感染拡大が懸念されるとして、「感染者数の動向に注視が必要」との見解をまとめた。
 座長の国立感染症研究所・脇田隆字所長は記者会見で、「オミクロン株にかかわらず、年末年始に人々の接触が増えるなどして今後は感染拡大していく可能性が高い」と述べ、基本的な感染対策を継続するよう求めた。
 脇田氏はオミクロン株が国内に入ってきた場合、「感染力が強ければ置き換わりが進むと思うが、感染者数が急増するかの予測は難しい」と指摘。ワクチン追加接種の間隔については、「高齢者の間で(2回接種後に感染する)ブレークスルー感染が増えてくることがあれば、(前倒しの)議論の余地はあると思う」と述べた。 (C)時事通信社