日銀の鈴木人司審議委員は2日、神戸市内で記者会見し、企業の資金繰りを支援する日銀の新型コロナウイルス対応策について「緊急時の対応はどこかで必ずやめることになるので、めりはりも必要だ」と述べた。その上で、企業の資金繰り環境は改善しており、支援策は「(来年3月末の)期限通りやめるという考え方もある」との見方を示した。 (C)時事通信社