【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品企業ノババックスは2日、世界中で確認が相次ぐ新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に特化したワクチンの開発に着手したと発表した。
 来年1月にも生産を開始する見通しだが、臨床試験(治験)などに時間がかかるとみられる。実用化の時期は不明だ。 (C)時事通信社