岸田文雄首相は3日、政府が日本に到着する国際線の新規予約停止要請を撤回したことに関し、「(邦人の帰国需要に)きめ細かく対応していく」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 首相は入国者数の上限を1日3500人に抑えていることを踏まえ「日にちによって予約の状況が違い、キャンセル等も今後想定される。曜日ごと、日にちごとに予約の空き状況をしっかりと考慮していく」と強調した。 (C)時事通信社