総務省は3日、2021年度12月分の特別交付税として、前年度比0.2%増の2843億円を地方自治体に配分すると発表した。7月に土石流災害が起きた静岡県熱海市への交付額は2億3600万円で、前年度の5倍以上となった。6日に交付する。
 2月の福島県沖地震などの影響で同県内市町村への交付総額は同75.6%増の98億6500万円だった。
 今回の算定では、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、過疎地など「不採算地区」にある公立病院への支援を手厚くした。算定項目別の内訳では、公立病院支援など地域医療の確保に最も多い979億円を充てた。 (C)時事通信社