政府は3日、ワクチン開発・生産体制強化関係閣僚会議(議長・松野博一官房長官)を首相官邸で開き、世界各地で拡大する新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」向けのワクチンについて、必要な場合は政府として研究開発を支援する方針を確認した。
 松野氏は「より強力な変異株や今後脅威となり得る感染症に対応できるよう、研究開発の抜本強化や国産ワクチンの研究開発体制、生産体制の強化を進める必要がある」と強調した。 (C)時事通信社