米製薬大手メルクの日本法人は3日、飲み薬タイプの新型コロナウイルス治療薬「モルヌピラビル」について、厚生労働省に承認申請したと発表した。審査を簡略化できる特例承認の適用を求めている。承認されれば新型コロナの飲み薬としては国内初。外来で処方して重症化を抑制できれば、医療負担の軽減につながると期待されている。
 モルヌピラビルはウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬で、メルクと米バイオ医薬品企業リッジバック・バイオセラピューティクスが共同開発した。先月には英国で承認された。 (C)時事通信社