東京都の小池百合子知事は3日の記者会見で、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の緊急対応策を発表した。変異株を判別できる都独自のPCR検査体制を整備するほか、濃厚接触者用に確保する宿泊療養施設の数を拡大する。小池氏は「都としても総力を挙げて先手先手で対策を講じる」と述べた。
 これまでの検査では他の株との判別が困難だったが、都の健康安全研究センターが手法を構築。3日から検査、判定する体制を整えた。小池氏は「市中における感染状況をしっかり監視し、対応を進めていく」と説明した。
 また、ホテルなどの宿泊療養施設は現在約1750室分を確保しているが、約2倍の3400室分に拡大する。都によると、国内で確認された2例のオミクロン株に関して、都内の濃厚接触者計85人のうち、61人は既に都の宿泊療養施設に入所している。 (C)時事通信社