全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)は3日、新型コロナウイルス対策をめぐり、後藤茂之厚生労働相とテレビ会議で意見交換した。後藤氏は変異株「オミクロン株」の発生を受け、知事会に検査体制の強化を要請した。ワクチンの追加接種での緊密な連携も呼び掛けた。
 平井氏は「オミクロン株に向かわなければならなくなった。一気に局面が変わり始めている」と危機感を表明。厚労相に対し、変異株がワクチンや治療薬などに与える影響を明らかにするよう求めた。 (C)時事通信社