【サンパウロ時事】メキシコ保健省は3日、11月21日に入国した南アフリカ人が新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に感染していることが確認されたと発表した。メキシコでの感染例は初めてで、中南米では2カ国目。ブラジルでは11月30日以降、計5人の感染が判明している。
 また、北アフリカのチュニジア保健当局も3日、チュニジアで初めて感染者を確認したと発表。トルコからの渡航者だという。 (C)時事通信社