【ビジネスワイヤ】中国の電子たばこメディアのブルーホール・ニュー・コンサンプションは、たばこの有害性低減に関する特集記事について発表した。記事では、世界保健機関(WHO)が電子たばこなどのリスク低減製品を公衆衛生改善の戦略として認めていない一方で、電子たばこで喫煙率を下げる英国政府の計画があることなどを紹介。霧化技術がより広い医療などに応用される状況もあり、同社は公衆衛生の利益のために、たばこのリスク低減製品を採用することは避けられないと主張している。(C)時事通信社