塩野義製薬は7日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を下水から検出するサービスを始めたと発表した。発症前や無症状の感染者からウイルスを検出できるため、オミクロン株の感染状況を早期に把握できるようになる。
 サービスは自治体の下水処理場が対象で、流入する下水を調べる。6月にコロナの流行状況の調査を開始し、今回はオミクロン株やデルタ株など既存の変異株を解析するサービスを導入した。 (C)時事通信社