全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)は7日、新型コロナウイルス対策をめぐり山際大志郎経済再生担当相とテレビ会議で意見交換した。平井氏は、緊急事態宣言などについて「地方が使いやすい形にして運用していただけないか」と述べ、地方自治体から要請があった場合に速やかに発令するよう運用の改善を求めた。
 平井氏は会議後、記者団に対し、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置について、「感染状況が悪化したときに、速やかに発動できていないのではないかという懸念がある」と表明。山際氏は「しっかりと(自治体と)コミュニケーションを取ってやっていきたい」と応じたという。 (C)時事通信社