【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)と欧州疾病予防管理センター(ECDC)は7日、種類の異なる二つの新型コロナウイルスワクチンを投与する「混合接種」を認める勧告を出した。最初の2回の接種で組み合わせるケースと、追加の「ブースター接種」で別ワクチンを投与するケースのいずれも「可能だ」との見解を示した。
 欧州でコロナ感染が再拡大する中、ワクチン接種の促進につなげる。実際に混合接種を行うかは、加盟国が勧告を踏まえ判断する。
 EUでは現在、「mRNAワクチン」の米ファイザー製とモデルナ製、「ウイルスベクターワクチン」の英アストラゼネカ製と米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製が承認されている。 (C)時事通信社