【ニューヨーク時事】7日のニューヨーク株式相場は、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」をめぐる懸念が後退する中、大幅続伸した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比492.40ドル高の3万5719.43ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は461.77ポイント高の1万5686.92で引けた。
 朝方からハイテク株などに買いが集まる中、ダウは終日堅調な値動きを維持し、一時500ドル超高となった。ダウの2日間の上げ幅は終値ベースで1100ドルを超えた。ナスダック総合指数の上昇率も3%超を記録した。
 オミクロン株に関しては、感染力が強い半面、軽症で済む傾向があるとの情報が伝えられ、感染拡大が景気に及ぼす悪影響への警戒感が緩和。ファウチ米国立アレルギー感染症研究所長が「重症度が高いように見えない」との見解を改めて示したことも、相場を下支えした。 (C)時事通信社