岸田文雄首相の所信表明演説に対する各党代表質問が8日、衆院本会議で始まった。立憲民主党の泉健太代表は、18歳以下への10万円相当給付を現金とクーポンに分けることに関し「経費は膨らみ、市町村職員の手間もかかる」と述べ、見直しを求めた。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への対応として、水際対策の一層の強化も訴えた。 (C)時事通信社