【ビジネスワイヤ】台湾医療科技展が12月2日から5日まで台北で開催された。人工知能(AI)、クラウドベースのアプリケーション、フラットパネル、IoT(モノのインターネット)、メタバースを構成する技術における台湾の能力が紹介された。出展者数は800に達し、医療エコシステムが先進医療とデジタル・ヘルス技術によって成長していることが実証された。本見本市に関連したネットワーキングおよびマッチングのオンライン・プラットフォーム「Healthcare+B2B」が11月1日から立ち上げられ、B2B機会、会社概要、製品の情報が掲載されている。(C)時事通信社