新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の会合が8日開かれ、座長の脇田隆字国立感染症研究所長が新たな変異株「オミクロン株」について、「南アフリカではデルタ株を凌駕(りょうが)して増えている」と述べ、従来株より感染力が強い可能性があるとの見解を示した。
 京都大の西浦博教授らによる、感染力を示唆する推計が報告され、南アでオミクロン株が確認された初期に、感染者1人が平均してうつす人数「実効再生産数」がデルタ株の4.2倍に上った。 (C)時事通信社