東京都は9日、新型コロナウイルスに関するモニタリング会議を開いた。新たな変異株「オミクロン株」を判別する独自のPCR検査の手法を近隣県と共有するなど、監視を強化する方針が報告された。小池百合子知事は会議後の記者会見で「感染者を早期に発見することがポイントだ」と強調した。 (C)時事通信社